やらなきゃ損!?アプリ開発 挑戦する価値と開発におけるポイントをお伝えします!

アプリ自作経験を採用時にアピール

アプリ業界を目指すエンジニア志望者は多く、実際に独学でアプリ開発の勉強を行った後にエンジニアデビューしている人物も少なくありません。それでも開発の仕事未経験者が採用にこぎつけるには、ある程度の開発スキルを必要とします。
アプリ開発の仕事が未経験者募集の案件を選ぶ際、どこまで勉強にチャレンジしたかどうかが問われやすいでしょう。まずは、アプリの開発に用いるプログラム言語などを習得しているかどうかが問われます。さらに自作したアプリ作品があるかどうかも重要です。一つや二つは、実際に自身で開発したアプリがあった方が望ましいです。独学による開発知識はあっても、アプリの自作経験がなければ人材としての評価は下がってしまいかねません。

そこでどのようなアプリであっても、まず一度は自ら作品を作り上げた経験があり、さらにサンプルとなるアプリ作品をいくつか用意していると就職において有利になる可能性を高めることができるでしょう。採用担当者も志願者が開発したアプリを確認し、どの程度の実力を持っているかを具体的に判断するために役立ちます。確かにプロとしての開発経験がない初心者が制作したアプリは未熟な部分も多く、人に見せるのは躊躇する気持ちもあります。それでもアピールできる自作のアプリ作品があった方が採用に有利になりやすいのは確かであり、採用試験の際には自作したアプリのデータや制作時の資料を持ち歩くことが勧められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です