やらなきゃ損!?アプリ開発 挑戦する価値と開発におけるポイントをお伝えします!

アプリ開発にチャレンジするハードル

アプリの開発を独学で学ぶ場合、実行環境の準備やIDE(統合開発環境)の使い方などのプログラミングの前段階で、多くの方が挫折してしまいます。しかし、その前段階や頻発する実行エラーへの対処法などをこなせるようになると、アプリ開発の為のプログラミングの楽しさを実感できるようになります。
また、一昔前に比べ、アプリ開発を学習する方達向けの支援サイトやブログが多く開設されており、独学でチャレンジする方達にとって、それらを活用できる環境が整っていることも大きな強みです。加えて、ゲーム開発に必要な高度な数学やアルゴリズムなどを一から学ばなくともUnityなどのツールで開発を行えば、それらの数値計算などをツールが自動的に実行してくれるので、かなり効率的な開発方法を学べる点も独学のしやすさに繋がっています。
さらにゲーム開発に必要な2Dモデルや3Dモデル、音声などのゲーム素材や、それら一式とスクリプトがまるごと揃ったひな型などもネット上で販売されており、それらを独自にアレンジしてオリジナルゲームを作ることも可能になっています。

これらのハードルの低い開発環境はやりがいや学習維持といった点ではとても重要なポイントで、そのハードルは段々と下がってきており、開発者を育てる環境は年々充実していっていると言えるでしょう。その為、中学生や高校生がアプリの開発を行っていることも別段めずらしいことではなく、未成年ながらアプリの販売で収入を得ることもわりと普通のこととなっています。やりがいといった点ではそれらの収入もまたアプリ開発の大きな魅力ではないでしょうか。
こういったツールの発達や開発環境の良さから考えてみると、今こそ仕事にも繋がるアプリ開発の一歩目を踏み出す時だと言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です